When the Gardener Cums




John loves Monday’s. For Monday is the day that his gardener, Ahmed comes. John would secretly watch Ahmed in the garden while he worked — lifting heavy loads, burly arms bulging and tightening under the strain and the sweat glistening and streaming off his tanned skin. He would often invite him inside for a cool drink. He never had Ahmed’s welfare in mind, his motive was always to be closer to his object of desire and lust. Ahmed stepped through the sliding door and removed his gloves. He wiped the sweat from his brow, heaving chest and wrists. John instantly caught lung fulls of Ahmed’s manly scent, all the more powerful from toiling outdoors. A power overcame him and he brusquely grappled against Ahmed, holding his torso tight and pressing his lips and mouth into his. Ahmed didn’t resist. Like a sheepish giant he went along with John’s advance. Realizing there was to be no fallout from his rash act of lust, John hastily removed his trousers. He forced Ahmed down by his muscular, rounded shoulders until he was level with John’s naked, extended cock. Ahmed assumed command. For a large, manly man he was surprisingly tender as he lapped at and caressed John’s cock with his warm, wet tongue. John moaned in appreciation. Ahmed repositioned John, gently motioning and guiding him to the floor so that he lay on his back. John’s cock thrust bolt upright, reaching for the ceiling. Ahmed flung his right leg over to the side of John so he straddled him, his face in the direction of John’s toes. He cupped his hand to his mouth and spat into his palm, then wiping his saliva over John’s huge rod. Ahmed lowered himself down, placing John’s cock into his ass. He gingerly lowered himself further, until John’s dick had pierced his hole. He let out a slight gasp and a grunt. Cautiously he began to slide up and down that big pole — slowly at first but with ever increasing momentum. The friction of the two surfaces of raw skin lubricated with spit made a slurpy clacking noise…
Gay cartoons take you on an erotic adventure at GayAsianAnime.com

ジョンは月曜日のを愛している。月曜日のための彼の庭師ていること日です、アーメドが来る。彼が働いている間ジョンは密かに庭でアーメドを見てでしょう – 膨隆と締付けひずみの下でと汗が輝くと彼の日に焼けた肌をオフにストリーミング重い負荷、たくましい腕を持ち上げる。彼はしばしば冷たい飲み物のために内側に彼を招待であろう。彼は念頭に置いてアーメドの福祉を持っていたことがない、彼の動機は欲望と欲望の彼のオブジェクトへの近づくであることが常にあった。アーメドは、スライディングドアを通って踏ん及び彼の手袋を削除しました。彼は、胸と手首をヒービング、彼の額からの汗を拭った。ジョンは瞬時に汗を流し屋外でからのすべてのより強力な、アーメドの男らしい香りの肺フルバックアップを捉えました。電力は彼を克服しと、彼は無愛想にタイトな彼の胴体を保持しているし、彼のに彼のの唇と口を押すこと、アーメドに対して取り組ん。アーメドは抵抗しませんでした。恥ずかしそう巨人と同様にと彼はJohnの事前と一緒に行きました。欲望の彼の発疹の行為から全く放射性降下物な​​ることはありませためにそこにだった実現する、ジョンは急いで彼のズボンを削除しました。彼はジョンの裸の、拡張されたコック付レベルだったになるまで彼が彼の筋肉の、丸みを帯びた肩によってアーメドを下に余儀なくされた。アーメドは、コマンドを仮定した。彼はで周回遅れと彼の暖かい、ぬれた舌でJohnのコックを愛撫として大規模な、男らしいの男のために彼は驚くほど入札だった。ジョンは感謝内にうめいた。アーメドは彼が彼の背中に横たわっていたれるように優しく合図と床に彼を導く、ジョンをに再配置。ジョンのチンポが天井のために達する、直立ボルトを推力。アーメドはジョンの側への上の彼右脚を投げつけので、彼はJohnのつま先の方向に、彼の顔を彼をまたがっ。彼は彼の口に彼のの手をカップ状してから、ジョンの巨大なロッド上の彼の唾液を拭く、彼の手のひらにスパッツ。アーメドは、彼のお尻にJohnのコックを配置すること、彼自身をダウンして下げた。ジョンのディックが彼の穴をピアスしていたするまで、彼が恐る恐る、さらなる彼自身を下げた。彼は、わずかにあえぎとイサキを外にてみましょう。ゆっくり最初のでしかし増え続ける勢いとの – 慎重に彼はその大きなポールをダウンしてアップするスライドさせ、し始めた。唾を吐きかけるで潤滑生の皮膚の二つの表面の摩擦は、素晴らしいコツコツノイズを作った…